グロースハッカーマーケティング

グロースハッカーマーケティング

お恥ずかしいことに私も「グロースハッカー」がなんなのかよく分かってなかったんだけど
すごくわかりやすくて読みやすい本でした。ページ数も少ないし。

方法論とかが詳しく書かれてるんじゃなくて、最近急成長したWEBサービスの事例を紹介しながらグロースハッカーの「考え方」を教えてくれる本。

著者はアパレルや書籍のマーケティングをしてる方で、今までのマーケティングの考え方・手法と比較しながらグロースハッカーの優れてる点、考え方や定義の違いを書います。
今までのマーケティングが派手なプロモーションを使って多くの「見込み客」を作ること(それがユーザーになるように神様に祈るだけ)が目的であったのに対して、グロースハックはサービス・製品自体の改良もするし、コストがかかる派手なプロモーションも必要としない。「見込み客」を作ることでなく、ユーザーを増やして、コアなファンを作っていくことを目標として、確実な実証データをもとに、従来のマーケティングの範囲にとらわれずあらゆる方法を試みるということ。

最後らへんにはWEBを使ったグロースハックに一番遠そうな書籍のマーケティングで、著者がグロースハックを行い成功した事例や、クックパッドの加藤氏による解説と、現在行われてる施策も紹介されていて、製品・サービス・規模を問わず、グロースハックは実践することができる、またその必要もあり(コストも圧倒的に低い!)と思わせてくれました。

About the Author

Leave a Reply